基本

基本

美について

昔から美しいものが大好きでした。自然と人が美しくなるサポートをする仕事がしたいと思い、美容と健康の業界の中で、国内外で学び、働き続けてきましたがその中で「美」と一言に言っても、人によってその基準は大きく異なり美しさにも多様性があるという当た...
基本

セルフケアの方法は「好き」を見直す

橘玲さんの『幸福の「資本」論(2017)』の“オンリーワンでナンバーワンの戦略”の章で、アメリカの心理学者アンダース・エリクソンがベルリン芸術大学のバイオリン専攻の学生を対象に行った調査を例に出したのち下記のように記しています。これまで私は...
基本

何かを変える前に、マインドセットをアップデートする

私たちの多くは常々、「もっと健康になりたい、もっと美しくなりたい」と考えていることと思います。その願いを叶えるために、多くの健康法を試したり、話題の新商品を試したりします。それ自体は決して悪いことではありません。マインドセットとしてわたしが...
基本

自分に目をやる

前回の「根っこに目をやる」ということはすなわち「自分に目をやる」ということにつながります。わたしはそれがとても大切な部分だと考えています。わたしも含め多くの人は、本当は根っこになる部分には目を向けたくないのです。根っこに目をやると、理想から...
基本

根っこに目をやる

先ほどのケース・スタディの考察でなぜわたしがインナーレイヤーからのアプローチを多くの場合でおすすめするのか。それは、アウターレイヤーからアプローチしていくと多くの症状が出ていることが多いので対処することも必然的に増えてしまい、どこから手をつ...
基本

ケース・スタディの考察

前回の記事で紹介したアウターレイヤーからのアプローチ、インナーレイヤーからのアプローチ、読んでみてどのような印象を受けましたか?そして、ご自身を振り返ってみたときどちらのアプローチを取ることが多いですか?前回のケーススタディから特徴をピック...
基本

ケース・スタディ

前回、基本となる5つのレイヤーの考え方をシェアしました。今回は例えを使って、この5つのレイヤーをアウターレイヤー(5thレイヤー)からアプローチするのと、インナーレイヤー(1stレイヤー)からアプローチするのがどのようなものかを説明していき...
基本

5つのレイヤー

わたしが考える“健康的な状態”というのは、4つのレイヤーが自身にとってバランスよく満たされていることだと考えます。